やほレンジャーへの依頼・質問等はこちらまで →yahoranger@gmail.com(NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション やほレンジャー担当)


by yahho-hensyuu

風邪・そして花粉症

こんにちは、久々に登場のおおかわです。
閣下っていうニックネームが定着してきました。
ちなみに、あの「閣下」と同じく、結構相撲は好きです。笑

さて、今回はブログの担当が回ってきたというのに残念なお知らせです。
ネタがない!

私、先週から熱を出して1週間部屋で苦しんでおりました。
ある意味上京してから一番苦しい一週間でした。
体温計見て39.5度だった時はもうどうなるかと。汗

だから今の私は病み上がりのネタ欠乏症。
ネタ欠乏症は今に始まった話ではありませんが
皆さんも体調には十分ご注意くださいね。

実は今、12月発行のやっほーに向けて追い込み期なんです。
にもかかわらず風邪でダウンとは。
しかも、追い打ちをかけるように
私の書いていた記事がいろいろありましてボツになってしまったんです。
これぞ泣きっ面に蜂…

あまりに悔しいので、今日は幻の記事をこのブログで配信しちゃいたいと思います!

============================================
幻の記事「花粉症に克つ!」

寒い季節になりましたが、やがて春がやってきます。待ち遠しい季節。でも、「春…」と聞くだけで鼻がむずむずしてくる方もいるのではないでしょうか。そう、花粉症です。私もその一人で、春は憂鬱です。どうにかして少しでも春を快適に過ごす方法はないのでしょうか。

日本人の3人に1人が花粉症
花粉症の患者数に関する詳細な調査データは得られていませんが、日本人の3人に1人が花粉症であるといわれています。毎年春になると街のいたるところでマスクをした人を見かけますよね。まさに国民病とも言えます。

来年は平均の5倍?
花粉症の主な原因となるスギ花粉の花芽は、前年の夏に形成されるので、夏の気候が飛散量に大きく影響します。今年の夏は例年にない猛暑だったため、少なめだった今年の5~8倍の飛散量が予測されています。花粉症の方にとなりそうです。

対策は早いうちに
なぜ冬に「花粉症」をテーマに取り上げたか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。実は、花粉症対策は冬に始まるのです。一度花粉が飛散を始めて鼻の粘膜がはれてしまうと、炎症はなかなかおさまりません。できるだけ早期に内科や耳鼻科の受診をする必要があります。

=============================================
ちなみにこの記事、自力です。
商協のWikipediaの名前
はだてじゃないぜ!

皆様のコメント、お待ちしております。

さて、本当の記事はどんなものになっているか、来月の発行をどうぞお楽しみに!

以上、おおかわでした。来週はなおじょーが登場です!


ps.愛があれば、たまには写真がなくてもいいじゃないか。

[PR]
by yahho-hensyuu | 2010-11-18 17:16